xls-hashimotoのExcel学

田村市環境放射線モニタリング結果トレンド

田村市災害対策本部では、市内117箇所で測定した環境放射線の測定結果を、
「田村市環境放射線モニタリング結果」として、平成24年2月まで毎月二回発行していました。

平成24年3月以降は、毎月一回測定して「環境放射線測定結果」として発行しています。
平成28年6月に測定ポイントの見直しが行われ、新たに追加したところと削除されたところがでました。
その結果、継続測定ポイントは市内53箇所となりました。

田村市災害対策本部が発行した「田村市環境放射線モニタリング結果(全18回)」と、
環境放射線測定結果(全53回)」を、Excelでトレンドグラフにし「見える化」しました。

今年も雪が降ったため、2016年2月8日のモニタリング結果は低くなりました。
雪が積もり線量率が下がると、東京電力の撒き散らした放射性物質の量を再認識してしまいます。
3月6日のモニタリング結果は、雪が溶けたため、元に戻ってしまいました。
6月8日のモニタリング結果では、都路町の線量低減傾向はみられらくなりました。
Cs-134の線量寄与が無くなり、Cs-137の線量寄与のみとなりました。
データを取り続けることが、なにより重要です。

平成28年6月に測定ポイントの見直しにより、幾何平均線量率に連続性が見られなくなった町があります。
低いポイントを削除した町は、幾何平均線量率が高くなりました。

田村市環境放射線モニタリング結果トレンド(pdf 468kB)
トレンドグラフ_1
トレンドグラフ_2
トレンドグラフ_3
トレンドグラフ_4
トレンドグラフ_5
トレンドグラフ_6
トレンドグラフ_7
トレンドグラフ_8
田村市環境放射線モニタリング結果 トレンドグラフ(Excel 1,352kB)

都路町の幾何平均線量率は、ほぼ1年前の2013年9月6日 の 0.244μSv/hr から
2015年 8月7日 の 0.165μSv/hr へと、僅かに 0.079μSv/hr 減少しているだけです。
この減少量は、月1回現場で測定している人達には感じ取れないほどの僅かな量です。
2013年 9月6日 0.24358μSv/hr
2013年10月8日 0.23724μSv/hr
2013年11月8日 0.22592μSv/hr
2013年12月6日 0.21817μSv/hr
2014年 1月8日 0.20263μSv/hr
2014年 2月7日 0.19174μSv/hr
2014年 3月7日 0.11775μSv/hr
2014年 4月8日 0.19497μSv/hr
2014年 5月8日 0.19137μSv/hr
2014年 6月6日 0.18605μSv/hr
2014年 7月8日 0.17749μSv/hr
2014年 8月8日 0.17526μSv/hr
2014年 9月5日 0.17134μSv/hr
2014年10月8日 0.17047μSv/hr
2014年11月7日 0.17355μSv/hr
2014年12月8日 0.16857μSv/hr
2015年 1月8日 0.16901μSv/hr
2015年 2月6日 0.12974μSv/hr
2015年 3月6日 0.16163μSv/hr
2015年 4月8日 0.15683μSv/hr
2015年 5月8日 0.16835μSv/hr
2015年 6月8日 0.16721μSv/hr
2015年 7月8日 0.16126μSv/hr
2015年 8月7日 0.16485μSv/hr
2015年 9月8日 0.15224μSv/hr
2015年10月8日 0.15719μSv/hr
2015年11月6日 0.15366μSv/hr
2015年12月8日 0.14802μSv/hr
2016年 1月8日 0.14537μSv/hr
2016年 2月8日 0.11375μSv/hr
2016年 3月8日 0.14228μSv/hr
2016年 4月8日 0.14145μSv/hr
2016年 5月6日 0.14097μSv/hr
2016年 6月8日 0.14950μSv/hr
2016年 7月8日 0.14290μSv/hr
しかし、桁数を増やして対数グラフにプロットする事で見えてきます。
これからも、市民の安心のために、しっかり測定し続ける事が大切です。



田村市環境放射線モニタリング結果に行く

田村市環境放射線モニタリング結果トレンド
事故後30年間の理論減衰曲線に行く


トップページに戻る

Copyright(C) xls-hashimoto 2011-2016 All Rights Reserved.